ショッピング枠を現金化に使用するときの注意点とは?

HOME » 現金化の種類 » ショッピング枠を現金化に使用するときの注意点とは?

ショッピング枠を現金化に使用するときの注意点とは?

ショッピング枠は限度額を増やしてもらえば30万円しか使えなかったものでも、50万円に増やしてもらうことが出来ます。
限度額というのは使用できる金額を表していて、カード決済で買って返済してを繰り返していくと増やしてもらえます。
しかし、ショッピング枠は注意して使用しないと支払いが出来なくなる可能性があるので気を付けましょう。

・ショッピング枠の限度額を増やしてもらう方法
ショッピング枠の限度額は信頼問題で増やしてもらえます。
返済が滞ったことがある、分割で少しずつしか返せないという場合は、限度を上げてもらえないこともあるので注意しましょう。
返済が滞ったことがなく、一括で支払いをしている場合は信頼度も上がるため、申し込みから数ヶ月で限度額を上げてもらうことも可能です。
しかし、限度額は一気に上げてもらうというよりも、30万円、50万円、80万円と刻んであげてもらうのが一般的です。

・限度額が上がれば注意しないといけないことも増える!
ショッピング枠の注意点としては限度額が上がればあがるほど、返済するときに分割にしたり、利息が付くようになる可能性があります。
利息は貸金の上限として15%〜20%と制限されていて、支払い回数が増えれば増えるほど利息が膨らんでいくという傾向があります。
利息が膨らまないようにする注意点としては、利息を含めた返済額を返金していく方法しかなく、この方法で毎月返済をしていけば限度額に空きが出てきて完済できるようになります。

ショッピング枠で現金化をする場合は現金を手に入れることしか考えないため、限度額が上がっている人ほど注意しなければなりません。
現金化をしてもすぐに返せる見込みがある人はこういった方法で現金を手に入れるやり方もいいのですが、返済が出来ないかもしれないという場合はよく考えたうえで現金化をしたほうがいいと思います。
限度額が残っているから安心と思っていても、実際には利息も限度額に含まれるので現金化をする前にいくら分使用しているのかを計算してから現金化をするようにしましょう。