カードローン注意点は?

HOME » 現金化の種類 » カードローン注意点は?

カードローン注意点は?

クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠に注意点があるように、カードローンにも注意点があります。
カードローンについてはあまり知識がないという人も多いと思うので、カードローン注意点について調べてみました。

・クレジットカードに比べて限度額が高いから注意しよう!
カードローンはクレジットカードに比べて限度額が高いので注意しましょう。
クレジットカードは50万円〜80万円程度までが妥当ですが、カードローンの限度額は500万円〜1,200万円まで幅広いです。
カードローンの場合は金利が0円のところや0.99%からというところもあります。
しかし、カードローンの注意点としては明細書が自宅に届かないということで、実質いくら借りているのかを把握しておかないといけません。
限度額が高いからと言って少ない額の返済をしながら、借りて返してを繰り返していても借金が膨らんでしまう可能性があるので注意しましょう。

・現金化をするよりも安全だが限度額が高いのが玉に瑕!?
カードローンならどんな理由でお金を借りるのかは自由です。
また、金利も低くてお金を借りやすいというメリットがあり、クレジットカードを使って現金化をするよりも安全です。
しかし、限度額が高いところが玉に瑕で、金利が低いからと言ってお金を借り過ぎてしまうと、返済が滞るようになったりすることも考えられます。
なので、どれくらいならお金を借りても返済が出来るかをしっかりと把握し、返済計画を立ててから使用することが大切だと思います。

現金化よりも審査や申し込みが済んでしまえば、カードローンでお金を借りることは簡単です。
しかし、しっかりと計画を立ててからお金を借りないと、負の連鎖による借金は減りません。
もちろん、借りては返すを繰り返せばカードローンでお金を借りられないということはありません。
金利が低いカードローンで借りるにしても、カードローンの注意点に気をつけて計画性を持ってお金を借りるようにしましょう。