クレカで現金化ショッピング枠カードローン

ショッピング枠やキャッシング枠、カードローン!現金化に適しているのはどれ?

クレジットカードの現金化はショッピング枠から行うもので、キャッシング枠が付いていない人でも利用できます。
しかし、ショッピング枠で現金化をするうえでは限度額が関係してきます。
そこで、現金化を始める前にショッピング枠やキャッシング枠、カードローンについての知識を増やしておきましょう。

▼ 目次

ショッピング枠ってどんなもの?

クレジットカードを持っている人は「ショッピング枠」についてはご存知の人が多いと思います。
ショッピング枠というのは、クレジットカードを使って買い物ができる機能です。
仮に、現金の持ち合わせがなかったとしても、クレジットカードを使って支払いをすることで翌月の支払いとなります。
このショッピング枠というのはクレジットカードの申し込みをする際に、カード会社が審査を行いどのくらいの限度額なら支払いができるかを調べてくれます。
しかし、初めてそのクレジットカード会社で査定をしてもらうときの限度額は、大体10万円〜30万円程度のショッピング枠に設定されることが多いです。

ショッピング枠の特徴とは?

ショッピング枠の特徴は限度額を上げられること以外に、買い物をするときにとても便利で、小銭を出す必要がないこと、レジが混んでいてもクレジットカードを持っていればスムーズに買い物ができるという特徴があります。
他にも、買い物をしたものにポイントが付くことも大きな特徴で、クレジットカードで支払いをしている家賃や公共料金、携帯料金に関してもポイントが付きます。
また、インターネットの会社のクレジットカードを契約している場合は、そのインターネットのページで商品を購入するときもポイントが付いたり、ポイントが多くもらえる期間もあります。
現金化をはかる場合は、この貯まったポイントを利用して商品を購入しお店に売ることで現金化を行うことも可能です。
貯まっていたポイントを全部使って商品を買うことも出来るので、ポイントがたくさん貯まっている人であれば商品を買って売るときの差額分(損をしている分)が発生しないので、賢く現金化をしたいのであればこの方法がおすすめですよ。

ショッピング枠の注意点とは?

ショッピング枠は買い物をするときに便利で、現金化もできるのですが注意をしなければならないことがあります。
それは、限度額に余裕があるからと言って、クレジットカードのショッピング枠で買い物をし続けてしまうことです。
一括払いで支払いが出来ればいいのですが、ショッピング枠というのはお金を借りて翌月に支払いというものなので、翌月に支払いが出来ない場合は利息が付きます。
分割にすればするほど利息が膨れ上がり、気が付けば限度額がいっぱいになってしまったということもたくさんあります。
クレジットカードのショッピング枠で現金化をするときは、限度額に空きがないと利用できないので限度額がいっぱいにならないように注意し、利息が膨れ上がらないように注意しましょう。

キャッシング枠って何?

クレジットカードのショッピング枠についてはある程度わかっていただけたと思うので、次はキャッシング枠についての説明に移ります。
キャッシング枠というのはクレジットのカード会社から現金を借りられるサービスです。
このサービスはクレジットカードの申し込みをしたときに必ずついているというわけではなく、自分で選択してキャッシング枠をつけてもらう必要があります。
キャッシング枠が付いているクレジットカードであれば、現金に困ったときでもすぐにお金を借りられるのでとても便利です。

キャッシング枠の特徴とは?

キャッシング枠の特徴は限度額を上げられることです。
最初は30万円のキャッシング枠をつけてもらっても、借りては返すを繰り返していけば限度額を上げてもらうことも可能です。
クレジットカードの会社によって審査は異なりますが、仕事の歴が長くなったり、返済に滞りがないということであれば限度額を上げてもらうことが出来ます。
キャッシング枠からお金を借りるときはATMから簡単に引き出せるので、急遽たくさんの現金が必要になったときでも安心して利用できるのが特徴です。
また、キャッシング枠が付いているカードを持っていることで、危険性の高い現金化をする必要がないと考える人もいます。

キャッシング枠の注意点とは?

キャッシング枠の注意点としては、キャッシングで借りたお金にも利息が付くということです。
利息のパーセンテージはクレジットカード会社によっても異なるのですが、あまりにも高い利息を取られることはなくなりました。
とはいえ、返済が出来ない、毎月少ない金額しか返済が出来ないという場合は、利息で借金が膨らんでしまうこともあります。
借金が膨らまないようにするためには、返済をするときに利息分の計算をして、毎月利息分と借りたお金の返済分が返せるようにする必要があります。
クレジットカードの現金化をする人の中には、キャッシング枠が付いている人もいます。
しかし、利息で借金が膨らんでいくのが嫌だという場合に、ショッピング枠のカード決済で現金化をして一括返済した方がいいのではないかと考える人も少なくありません。

お金を借りられるサービスとしてはカードローンもいいのではないかという意見があります。
カードローンというのは個人向けの無担保融資でお金を借りられるサービスで、審査が厳しいということで評判です。
審査の基準としては定職についていて、安定した収入がある人しか審査が通りません。
これにより、現金化をしたい場合はショッピング枠から行うのが一般的です。

クレジットカードのショッピング枠現金化業者口コミ比較